忍者ブログ
Home > Linuxアプリ > Manjaro Linux でmikutter 環境の再構築

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

Manjaro Linux でmikutter 環境の再構築

1月17日にManjaro Linuxのstableブランチの定例アップデートがあり(公式アナウンス)、パッケージとしては、Pythonが3.6になったり、Rubyが2.4になったりしました。そのアップデートの結果、mikutter が完全に動かなくなってしまいました。terminal上でコマンドラインで動かそうとすると、「libruby.so.2.3がロードできません。」という内容のエラーメッセージが出ました。

そこで、一旦rubyそのものをシステムからアンインストールして、rbenv でruby環境を構築し、mikutterをソースからビルドしようとしました。rbenv によるruby 環境の構築についてはこの記事が分かりやすかったです。
mikutter のソースを解凍したディレクトリに入り、
 
bundle install --path vendor/bundle

と入力すると、mikutterのビルドが始まりますが、ruby 2.4の場合、
 
compiling rbgobj_type.c
rbgobj_type.c: 関数 ‘init_typemap’ 内:
rbgobj_type.c:403:42: エラー: ‘rb_cFixnum’ が宣言されていません (この関数内での最初の使用)
 
という内容のエラーが出て、先に進めなくなりました。

結局、rbenvでruby 2.3 環境を構築し、その環境でmikutterをソースからビルドしますと、うまく起動するようになりました。

なお、使用している人はほとんどいないと思いますが、Manjaro JPのリポジトリ(local-repo)からmikutter関連は一旦消していますので御了承のほどよろしくお願いします。
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

P R