忍者ブログ
Home > VPS

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

PythonでコーディングされたCMS、Mezzanine

www.rago1975.net の管理にprocesswire というCMSを使用しています。
processwire はCMSとして非常にシンプルで扱いやすかったのですが、最近管理画面のUIが意図したとおりに動作せず(例えば、テキストの入力画面でCKEditorが起動しないなど)、再インストールしたり、モジュールを入れ替えたりする等の作業を行ったけれども解決せず、辛くなっていました。(ついこないだ不調の原因が判明して、私が使用しているブラウザ(Palemoon)とJavascriptの相性の問題だったみたいです。)

それで、他に使いやすそうなCMSを試してみたりしました。
そんな中で見つけたのがMezzanine。Pythonで書かれているのが特徴です。processwireもそうですが、多くのCMSはPHPで書かれており、それらの多くがApacheでの動作をデフォルトとしています。Nginxだと設定が少し面倒くさくなります。その点Mezzanineはnginxの設定に関してはやや楽です。

Arch Linux + Nginx の組み合わせでMezzanine を導入する場合、まず、python、python-pip などのパッケージをインストールしておきます。(Arch Linuxの場合、python はpython3.x 系のことを指します。)
pipを使ってmezzanine をインストールします。この際、Django 等の依存Pythonパッケージもインストールされます。
sudo pip install mezzanine
適当なディレクトリ上で、以下のコマンドを実行します。
mezzanine-project myproject
cd myproject
myproject は任意の名前で構いません。
python manage.py createdb
このコマンドで、データベースが作成されます。ここで管理者のアカウント名とパスワード等が尋ねられます。
python manage.py runserver &
これで、ローカルホスト上の http://127.0.0.1:8000 にアクセスすると、ページが表示されます。 このあたりを参考にして、root 権限で /etc/nginc/nginx.cnf を編集します。nginx を再起動する(sudo systemctl restart nginx)とnginx で設定したサイトでページが表示されます。




Mezzanine は、基本的な機能は一応揃っています。ただ、テーマやテンプレートでフリーなものが少ないです。時間がてきたら、もう少しいじるかもしれません。
PR

Processwireについて

私自身のサイト(www.rago1975.net) の構築には、相変わらず試行錯誤を続けています。現在、記事やデザインの管理のためにDrupalというコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を使用しています。Drupalは柔軟性に富み、ブラウザ上でたいていの操作が可能ですが、個人のサイトに使用するためにはやや大掛かりで、意図した操作を行うためには、モジュールをその都度入れないといけません。

そんな中、よりシンプルなCMSを探していたところ、Processwireというものを見つけました。Processwireで構築したものをこちらに作成してみました。

このCMSはPHPで書かれていて、非常にシンプルです。設定画面上で記事の執筆やフィールドの追加が行えます。テーマ等は特に用意されていません。デザインをいじる際には、PHPファイルとCSSをテキストエディタでいじることになりますが、これらのファイルはシンプルな構成です。

日本語の情報はほぼ皆無です。こちらの記事は参考になります。
今後、サイト(www.rago1975.net) をProcesswireに移行するかもしれません。

Drupalでサイト構築しなおした

先日開設した、rago1975.netですが、wordpressを使って構築していたものを、Drupalで再構築しました。
Drupalを使ってみての感想ですが、確かにwordpressよりは柔軟性があり、動作もやや軽い気がします。一方で、インストール直後はグラフィカルなエディタすら無く、必要な機能は全部モジュールを入れる必要があるので、初心者にとっては結構辛いものがあるのだろうな、と思いました。
以下、入れたモジュールです。

  • Chaos tool
  • Vies
  • IMCE
  • Wysiwyg (CKeditor プラグインを使用)
  • Entity API
  • Linkit
  • Insert
  • Piwik (サーバー内にPiwikサーバーを別途インストール)

rago1975.net はじめました

唐突ですが、タイトルのとおり、こんなサイトを立ち上げてみました。

http://www.rago1975.net/

サーバー構築はほぼ初心者なので、上手く機能しない可能性が高いのですが、そこはご容赦ください。そもそも、私自身の性格上、あまり長続きしないと思いますが。

Sourceforge あたりでManjaro Linuxの日本語化したiso イメージを配布していたのですが、使い勝手が良くないのと、ディスクスペースに制限があるのと、こういうオープンソース開発の場でISOイメージを配布するのは、いまいち合わないなと思ったことが、サイトを作成した動機(みたいなもの)です。

使用したサービスは次のとおり。

ABLENETはマイナーですが、価格も安く、回線も(現在のところ)安定しています。

システムは、Arch Linux + Nginx + WordPress で構成しています。Arch LinuxはwwwサーバーのようにGUIが不要な環境では、シンプルで余計なものが入っていないので最適ではないかと思います。Drupalあたりもちょっと試してみたいと思います。


ABLENETのVPSにArch Linuxをインストールする

道楽といえばそれまでですが、突如、サーバーが欲しくなりました。どうせサーバーを借りるなら、VPSを借りて、OSを最初からインストールして、色々遊びたいと思いました。
とりあえず、今回はABLENETのVPS(V1プラン、年払い月額934円)を借りることにしました。OSはManjaro の派生元(つまり、パッケージ管理、ディレクトリ構成がほぼ同じ)のArch Linuxにします。

ABLENETのスペック・仕様を見てみると、様々なLinux ディストリビューションが記載されており、コントロールパネルから、それらのISOイメージから起動させ、インストールを行うことができます。記載されているディストリビューション以外でも、open SUSE、Arch Linux等が選択できます(なぜ仕様表に掲載されていないのか、謎ですが。)。

今回は、一覧のArch Linux (2014.3.1 dual)を選択し、インストールしました。Arch Linux ビギナーズガイドの他に、opamp氏、kenkov氏のブログを参照させていただきました。ISOのバージョンが古いために、途中で一回 pacman-db-upgrade をする必要があったのですが、基本システムのインストール(ベースシステムとブートローダーを入れて、ハードディスクから起動できるようになるまで)は(Arch 初心者の私でも)30分ぐらいでできました。

ABLENETの他に、さくらVPSでも試用してみたのですが、さくらVPSは試用期間だと通信速度の制限(2Mbps)がかかり、その制限下でのArch Linux インストールは結構辛いものがありました。ABLENETはネットワークについてはすごく快適です。さくらVPSの同レベルのプランと比較して、CPUのスペックが劣るという噂はありますが、そんなにCPUをガンガン使う用途は、今のところ考えていません。

というわけで色々多忙ですが、VPSでしばらく遊んでみたいと思います。

        

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P R