忍者ブログ
Home > Manjaro Linux

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

インストーラー calamaresの脆弱性について(Manjaro Linux)

先週の話ですが、Manjaro Linuxの標準インストーラーであるcalamaresに脆弱性があることが報告されました。philmによるforumの投稿はこちらです。
calamerasでインストールを行う際、ユーザーパスワードを設定する過程があります。パスワードは/etc/shadow で暗号化されて保存されますが、その暗号化の過程で問題があり、第三者が他人のパスワードを推定することが容易な状況になっている、というものです。
対策としては、インストール終了後にpasswdコマンドでパスワードを再設定することが推奨されています。

なお、今回の脆弱性については、Manjaro 17.0.1 以前のisoファイルが対象であり、昨日リリースされた17.0.2以降のものについては、脆弱性の修正がなされています。
PR

Manjaro Linux 17.0.1 非公式日本語版をリリースしました。


こちらから、配布しています。
OSDNrago1975.net

今回は、度重なるManjaro-toolsの仕様変更等があり、更新をするのに時間がかかりました。
また、i686版については、解消しなければならない不具合がありますので、今回はリリースしていません。

起動画面等、本家の仕様・デザインが変わりました。
今回、壁紙等は本家のものを使用しました。下の画面はLXQtです。


6月6日のアップデートについて(Manjaro Linux)

Manjaro Linux のstable ブランチの定期アップデートがありました(アナウンス)。Forumでのスレッドはこちら。

私の場合、今回のアップデートで以下のエラーメッセージが出ました。

 
warning: removing 'gcc-libs' from target list because it conflicts with 'gcc-libs-multilib'
warning: removing 'gcc' from target list because it conflicts with 'gcc-multilib'
error: failed to prepare transaction (could not satisfy dependencies)
私の場合は、gcc を再インストールすることで、一応解決しました。

 
sudo pacman -S gcc
sudo pacman -Syyu
※参考
【Manjaro】 パッケージアップデート


Manjaro Xfce-16.11 非公式日本語をリリースしました。

OSDN(x86_64i686)、rago1975.net

前回(6月)のリリースから、5ヶ月経っていますので、とりあえず出しました。
ローリング・リリースの辛いところは、半年前くらい前のISOイメージでもアップデートするとシステムが飛んでしまうところがあるところです。
というわけで、誰が使っているか知らないのですが、一応定期的に出していこうかな、と。

Manjaro LXQt-16.10 非公式日本語をリリースしました。

OSDN(x86_64i686)、rago1975.net

前回(6月)のリリースから、LXQt関連では大規模な更新が色々ありましたので、それを反映させたものになっています。


プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

P R