忍者ブログ
Home > Manjaro Linux > Manjaro LXQt (ただし未完成)

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

Manjaro LXQt (ただし未完成)

Manjaro Linuxの0.8.11リリースに際して、LXQtデスクトップのパッケージがManjaroの公式リポジトリに入りました。
それに関連して、Manjaro コミュニティでは、LXQtデスクトップ環境の構築について、色々議論がされています。(例えばここ。)
LXDEからLXQtが派生した経緯もあり、LXQtではできるだけGTK+パッケージは使用したくない、また、KDEのコンポーネントも(重くなるので)使用したくない、という声も聞こえます。その心情は理解できますが、qtベースのもので使い勝手が良いオフィス、メーラーがなかなか無いのも実情です。LXQtの開発は活発ですが、まだ不安定さを残しています。

とはいえ、Manjaro LXQt コミュニティ版の最新のテスト版は、こちらから入手できます。
日本語版ですか? とりあえず作りましたのでsourceforge.netに置いておきます。特長はこんなものです。

・ Fcitx-mozcによりインストール直後から日本語入力可能。
・ ブラウザ: qupzilla 1.8.5-1
・ その他、主にqtベースのアプリケーション
・ Libreoffice 、POP3対応メーラーについては未インストール。
など

現時点で、Octopi-notifier(パッケージ管理の通知を行うもの)がシステムトレイ上に表示されない不具合を確認しています。
このように、まだ不安定さが残るLXQtですが、近い将来、もう少し話題になるかもしれません。
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

P R