忍者ブログ
Home > > [PR] Home > Manjaro Linux > Mirrorlist の使い方(Manjaro Linux)

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Mirrorlist の使い方(Manjaro Linux)

Manjaro Linuxでは、どのミラーサーバーにアクセスするか、というのを /etc/pacman.d/mirrorlist というファイルで定義しています。例えば、sudo pacman -Syu というコマンドを実行すると、このファイルに書かれている、ミラーサーバーのリストの上の方から順に、パッケージのダウンロードを試みます。
mirrorlist のファイル内に書かれているサーバーの例:
## Location  : Japan
## Time      : 0.085
## Last Sync : 0:23
Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/manjaro/stable/$repo/$arch
ここで、$repo はリポジトリを表す変数(core、extra、community、multilib)、$archはプロセッサのタイプを表す変数(x68_84、i686)を表します。
もちろん手動で(エディタを使って)リスト内のサーバーの順位を入れ替えることはできますが、通常は、pacman-mirrorsというコマンドを使います。(pacman-mirrorlist というパッケージがインストールされていることが前提です。通常はシステムのインストール時に入っています。)
sudo pacman-mirrors -g
ここで、mirrorlistファイルを更新するためには、-gオプションが必要になります。

さて、manjaro ではstable、testing、unstableの3つのブランチが用意されています。デフォルトではstableですが、testing、unstableへのアクセスも可能です。どのブランチにアクセスするかは、実は/etc/pacman.d/mirrorlistで設定することになります。unstableにアクセスしたい場合、次のようにpacman-mirrorsを使用します。 -b オプションでブランチを指定します。
sudo pacman-mirrors -g -b unstable
あるいは、/etc/pacman-mirrors.conf をroot権限で編集し、5行目くらいの"Branch=" という変数の値をunstableに書き換えます。

(参考)
https://wiki.manjaro.org/index.php?title=Access_the_Unstable_Repositories
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

P R