忍者ブログ
Home > Linuxアプリ > Ruby-mini_portile をアップデートしたら、mikutter の画像表示ができなくなった件

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

Ruby-mini_portile をアップデートしたら、mikutter の画像表示ができなくなった件

Manjaro Linuxでは、基本的にソフトウェアパッケージは常に最新版を使用します。パッケージの更新が公式リポジトリやAURにあがると、パッケージマネージャー(pamac、octopi)は「アップデートがあります」と通知をするので、ユーザーとしては脊髄反射的にアップデート作業を行います。

ここ数日、mikutterで画像表示がうまく行かないトラブルがありました。タイムライン上の画像のURLをクリックして、新しいウインドウで画像を開く際、「Loading」の表示で止まってしまう不具合です。

原因を調べたところ、8/25にRuby-mini_portileがアップデートされた(0.6.2→0.7.0rc2)ので、それをインストールしていたことがわかりました。
Ruby-mini_portileは、mikutterの依存パッケージである Ruby-nokogiriの依存パッケージです。このアップデートによって、Ruby-nokogiriがうまく動作しなくなったものと考えられます。
/var/cache/pacman/pkg のディレクトリに残っていた、0.6.2のパッケージファイルを使用して、sudo pacman -U コマンドで再インストール(ダウングレード)したら、不具合が治りました。

問題は、yaourtを使って、新規でmikutterをインストールしようとすると、依存パッケージとしてRuby-mini_portileの最新バージョン(0.7.0rc2)がインストールされてしまう、ということです。
パッケージのバージョン管理を考慮した解決策としては、まず、Ruby-mini_portileをインストールしますが、その際、PKGBUILDを編集して、バージョン番号等を書き換えて、0.6.2をインストールするようにします。その後、mikutterをインストールする、という手順になると思います。
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

P R