忍者ブログ
Home > Manjaro Linux > Manjaro Japanという名のサイトについて(私は関与していません。)

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

Manjaro Japanという名のサイトについて(私は関与していません。)

どうやら、Manjaro Japanという名のサイトが開設されたらしいです。(Manjaro Forumのトピック

断っておきますが、私はこのサイトには、関わっていません。
このサイトの開設者であるballoon氏より、Manjaro JP(私がやっている日本語ローカライズされたISOの配布元)のリンクについての掲載確認が求められたので、(どのような形であれ)広く頒布されるのは好ましいので、掲載可と回答したところです。それ以外の作業については、関知していません。

で、私がtwitterを観測している範囲で、今日になって「Manjaro Japanというところからいきなりフォローされた」というツイートがチラホラ見られます。どうやら、そのアカウントは最近Manjaroについて言及した人に、手当たり次第にフォローを投げているみたいです。私は、こういう一種のbotまがいの行為には感心しません。Manjaro Linuxそのものに対して、印象を悪くする人が出てこないか、少し心配しています。

balloon氏によると、「日本語コミュニティを整えたい。」とのことです。

私個人としては、ある程度Manjaro Linuxに精通した(公式Forumでの議論に参加できるくらいの)ユーザーが何人か集まって、運営方式等を比較的オープンな場所で議論し、各ユーザーのコンセンサスがとれて運営できる目処が付いた上で、はじめてコミュニティを開くことができるのかな、と考えていました。少なくともそれくらいの準備をしないと(本来の意味での)コミュニティとして機能しないと、思います。

その私の意見は、balloon氏には、前段の問い合わせがあった時に、既に伝えています。(彼は違う考えを持っているみたいですが。)

ともあれ、私は、今後も私のできる範囲で、(そのサイトに関係なく)淡々とManjaro関係の活動を所存ですので、よろしくお願いします。

(追記)
Manjaro Linux の公式Forumは登録(register)すれば、誰でも投稿できます。日本語でも投稿できます。「Planet Manjaro」カテゴリの「Other Language」という板で、非英語圏言語(イタリア、スペイン、ドイツが多い)によるトピックが建てられています。ぜひとも活用してください。

追記 (2016/1/30 7:30)

2ch経由で知ったのですが、どうやらサイトが削除されたみたいです。Twitterのフォローも外されていました。

PR

コメント
1.ArchBangでも 佐藤新一さん (2016/01/28 16:47)

balloon氏(ふうせん、しがけんいち他名義)は同様な動きをしています。ArcBangにはYさんという技術的サポートをまじめにやっているブロガーがいて、かなり失礼だと感じています。倫理的な問題なので、スルーしていますが。
わたしのtwitter名義は@locom2です。

2.Re: ArchBangでも rago1975さん (2016/01/28 22:24)

コメントありがとうございます。こういうことは、個人のブログとかでやる分には一向に構わないと思うんですよ。結局、自分中心の組織(のようなもの)を作りたいんじゃ無いのでしょうか。でも、それはコミュニティとはとても言えないと思いますね。

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

P R