忍者ブログ
Home > > [PR] Home > LXQt > qtermwidget-cjk-git というパッケージを作成し、AURに登録した。

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


qtermwidget-cjk-git というパッケージを作成し、AURに登録した。

qtermwiget というのは、qtで書かれた端末ソフトウェアqterminalの構成要素であり、通常qterminalの依存パッケージとしてインストールされます。先日も書いた通り、qtermwidgetは、East Asian Ambiguous カテゴリー(wikipediaの記述)の扱いについて、全角としていません。ですので、これらの文字を全角として扱うには、ソースコードに手を入れる必要がありました。

そこで、ソースを修正して、East Asian Ambiguous カテゴリーの文字幅を全角としたものを、qtermwidget-cjkという名前で、私のgithubのリポジトリに設置しました
これを元にArch/Manjaro 用にqtermwidget-cjk-git というパッケージを作成し、AURに登録しました。パッケージといっても、上記のgithubのリポジトリからパッケージをビルトする手順をPKGBUILDというファイルに書いて自動化するようにしたものに過ぎません。

インストール手順(Arch / Manjaro)

AURパッケージなので、yaourt でビルド、インストールできます。
yaourt -S qtermwidget-cjk-git
既に、qtermwidget または qtermwidget-git がインストールされている場合は、インストール作業の最後に、
qtermwidget-cjk-git と qtermwidget-git が衝突しています (qtermwidget)。qtermwidget-git を削除しますか? [y/N]
というようなメッセージが出る(qtermwidget-gitの場合)ので、yとタイプして置き換えてください。
なお、このパッケージの動作確認はqterminal-git 上(AURパッケージ)で行っています。

このパッケージの特徴

  • qterminal上でNeovimが動きます。(Manjaroの公式リポジトリのバージョンでは、この部分の更新が間に合っておらず、動きません。)
  • qterminal上でVimまたはNeovim を作動させる際、設定ファイル(.vimrc とか~/.config/nvim/init.vim)内でset ambiwidth=double と設定することにより、East Asian Ambiguous カテゴリーの文字の幅を全角として取り扱うことができるようになります。
  • ただし、コマンドライン上でこれらの文字を入力した場合は、不具合が生じます。(ファイル名でこれらの文字を用いる場合等は注意してください。)

本家を含めて、改良に努めたいと思いますので、何かありましたらご連絡ください。
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

P R