忍者ブログ
Home > Manjaro Linux > Manjaro Linuxの紹介(その1)

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

Manjaro Linuxの紹介(その1)

私は、自宅PCではManjaro LinuxをOSとして使用しています。
 Linuxは、OSの一つであり、Windowsのようにメールやwebサイトを見たり、文書を作成したりできます。LinuxはWindowsとは違い、基本的に無償で使用することができます。
 Linuxの核となるカーネルにライブラリ、システムソフトウェア、アプリケーションソフトウェアなどをパッケージとしてまとめたものをLinuxディストリビューションと呼び、カーネル以外のソフトウェアの組み合わせの違いによって、多種多様な派生ディストリビューションが存在します。distrowatch.comを見てみるとその種類の多さに驚かされると思います。
 Linuxは主にサーバー用途として使用されることが多いのですが、最近では、WindowsやMacのようなデスクトップPCのOSとしての用途も拡大してきました。
 デスクトップPCのOSとして使用されるディストリビューションとして最も知られているのはUbuntuだと思います。Ubuntuの派生であるLinux Mint、Xubuntu、Linux bean なども人気があるディストリビューションだと思います。

 前段が長くなりましたが、ここでは  Manjaro Linuxについて説明したいと思います。 Manjaro LinuxArch Linuxを基に開発されています。Arch Linuxは必要最小限のパッケージ構成、シンプルでムダのないシステム、強力なパッケージ管理、コミュニティによる管理分を含めれば膨大な量のアプリケーション、ソフトのバージョンは常に最新、といった優れた特長をもつディストリビューションですが、その一方でグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)がプリインストールされておらず、初心者にとってはハードルがやや高いものとなっています。
 Manjaro Linuxはデスクトップ環境がプリインストール(Xfce、KDE、Openbox)されており、Archにおけるインストール及びデスクトップ環境構築に要する労力を省くことが図られています。また、Manjaro Hardware Detection (MHWD)という独自のコマンドでハードウェアの自動検出、複数バーションのカーネルの管理を可能にしています。
 Archで特徴的なパッケージ管理システム(pacman)をそのまま使用することができます。Manjaroは独自のリポジトリを運用していています。
 日本での使用者は少なく、日本語での情報は限られるのですが、Manjaroの公式フォーラム(Manjaro forum)に登録すると、Manjaroに関するあらゆる情報が入手できます。また、Arch Linuxのwiki(Archwiki)も大いに役立つと思います。
PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

P R