忍者ブログ
Home > > [PR] Home > Manjaro Linux > ManjaroとAntergos

rago1975の部屋

このブログは管理人が個人的に興味がある事項を書き留めておくメモみたいなものです。当面は、Manjaro Linux関係の記事が中心になります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ManjaroとAntergos

私は、Manjaro Linuxのユーザーです。Manjaro LinuxはArch Linuxの派生ディストリビューションになるのですが、Arch派生のディストリビューションは他にいろいろあります。今回は比較的日本でも使用されているAntergosと比べてみたいと思います。
Antergosについてはlindwurmさんのブログに概要が紹介されていますし、Antergosのインストールおよび環境構築についてはぎっぽすねっとでまとめられています。ManjaroのユーザーもAntergosに対する意識があり、公式forumではManjaro vs Antergosというスレッドが1年以上にわたり展開されています。

インストーラーの入手

Manjaroのインストーラーは公式のサイトからたどっていき、sourceforgeからダウンロードできます。sourceforgeは日本の北陸先端科学技術大学などにミラーがあります。注意しなければいけないのは、デスクトップ環境ごとにインストーラーが作成されているのでダウンロードする前にデスクトップ環境を決めておく必要があります。Xfceエディションの場合、ファイルサイズは約1.2GBです。私の環境(イーアクセスのADSL)では、約2時間でダウンロードできます。

Antergosは公式のサイトからダウンロードできます。Antergosは後述しますが、使用するデスクトップ環境にかかわらず、1つのインストーラをダウンロードします。ファイルサイズは約880MBです。

インストール

現在(0.8.10)のManjaroのインストーラーはAntergosのものをフォークしたものです。したがってインストーラーの操作感は非常に似ています(Manjaroの翻訳についてはツッコまないでください)。

Manjaroの場合、特にトラブルがなければ15分くらいでインストールが完了します。インストールの後に以前紹介した手順でシステムを最新にする必要があります。ただ、この作業はバックグラウンドで行うことができます。

Antergosの場合、GUIインストーラーを起動したあとでデスクトップ環境を選択します。各種オプションを設定した後、インストールを開始するとインストーラーはリポジトリを同期させ、ソフトウェアパッケージのダウンロードを始めます。つまり、Antergosの場合、インストールはネットに接続していることが必須になります。インストールのオプションによるのですが、私の環境でXfceを選択し、AURのサポートをオンにした条件では、インストールに約2時間くらいかかりました。以上のプロセスを経ているのでAntergosはインストール完了の時点でソフトウェアが常に最新になっています。

パッケージ管理

まず、前提として"ManjaroはArchではない"ということは強調しなければいけません。ManjaroはArch派生ですがリポジトリはManjaro独自のものを使用し、Archのリポジトリにはアクセスしません。AURは使用することができます。stableの場合、Archから2週間程度の更新のタイムラグが発あります。その代わり、きちんと定期的にpacman -Syuを行っていれば、アップデートで死ぬことはありません(たまに、pacman -Syuuとかトリッキーな操作が必要になる場合もありますが。)。pacman-mirrors とかmhwd-kernelとか、Manjaro独自のコマンドは大変使い勝手が良いです。

Antergosは、インストールが終われば、Archとして管理することになると思います。Archwikiのドキュメントやforumに寄せられる情報をそのまま活用することができます。

GUIなパッケージ管理についてはManjaroは(Xfceエディションの場合)pamacがインストールされています。一方、AntergosはpacmanXG4というソフトがインストールされています。
pacmanXG4はとても多機能で、パッケージ管理の他に、リポジトリの同期や最速なミラーサーバーの探索を行うことができます。pacmanXG4はAURパッケージなので、Manjaroでも使用することができます。

ちなみにAntergosはデフォルトのブラウザとしてChromiumがインストールされています。Manjaroはfirefox(Xfce)、midori(openbox)、rekonq(KDE)となっており、ちょっと思想の違いが見えて興味深いです。

まとめ

以上、今回主にインストール作業周りについて比較しましたが、似ているようでお互いに特徴があります。

AntergosはインストールしてしまえばArchなので、Archの作法に則って管理できますし、Manjaroはその独自仕様によってより手軽にArchっぽいものを楽しむことができるのかなと思います。



PR

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
rago1975 (Takefumi Nagata)
HP:
性別:
男性
自己紹介:
熊本在住の一般人です。Manjaro Linux関係の翻訳などを少々やっています。
twitter: https://twitter.com/rago1975

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

P R